YASHA-夜叉- プロフィール

YASHA-夜叉-(やしゃ-????????????-)
YASHA-夜叉-
やしゃ-????????????-

YASHA-夜叉-のプロフィール
『YASHA-夜叉-』は吉田秋生の漫画作品、及びそれを原作としたテレビドラマ。

YASHA-夜叉-のエピソード
概要
『別冊少女コミック』(小学館)1996年7月号から2002年5月号、『月刊flowers』創刊に伴い連載誌が移動となり、同誌に2002年6月号から8月号にて連載された。コミックスは全12巻が刊行されている。第47回(平成13年度)小学館漫画賞受賞。本作は独立した物語であるが、作者の過去作である「BANANA FISH」と作品世界を共有し、「BANANA FISH」のサブキャラクターであった少年シン・スウ・リンが逞しく成長し、華僑の頂点に立つ若き青年実業家となって登場する(共通するのは世界観だけで「BANANA FISH」の直接の続編ではない)。また、その頃を思い出させるような台詞もシンの口により語られるので、前作を知っていれば2度おいしい内容に仕上げられている。また、2003年8月からは『flowers』にて本作の続編となる「イヴの眠り」が連載された。こちらは本作の主人公・静の娘が新たな主人公となり、登場人物たちのその後が描かれている。flowers2002年12月号に、本編で明かされなかった謎解きと『イヴの眠り』とを繋げるエピソードを描いた「魂送り(マブイウクリ)」、同誌2003年1月号に本作の登場人物ケン・クロサキとルー・メイの出会いのエピソードを描いた『ハウメアの娘』がそれぞれ発表されている。なお、これらの作品は単行本『イヴの眠り』第1巻に収録されている。2003年8月には作品世界のガイドブックとして、フラワーコミックスより『YASHA OFFICIAL GUIDEBOOK FIRST GENERATION』が発売されている。

あらすじ
女性とも見紛う綺麗な顔立ちの美少年・有末静は、心優しい母・比佐子と沖縄の離島・奥神島で2人暮し。友人の永江十市やその兄・茂市らと共に平凡で健やかな、幸せな生活を送っていた。しかし、そんな楽しい日々は長くは続かなかった。突如飛来したヘリから降りた米陸軍グリーン・ベレーの作戦行動により母は殺され、静は母の元婚約者である雨宮協一郎によって連れ去られてしまう。その一部始終を見ていた十市は、それから6年後、静を心配しつつ父の転勤により上京した東京で、幼馴染の反町鉄男と共にバイト中だった。そこで稼いだ資金でアメリカに居る静に会いにいこうと思っていたのだ。一方、洛北大学生体科学研究所で大学院修士課程のウィルス研究に従事していた茂市は、師事していた篠原教授の招きでウィルス学の博士として赴任することになった静と思わぬ再会を果たす。6年前とは全く違った雰囲気を纏っていた静に戸惑いつつも再会を喜んだが、そこに静の双子の弟を名乗る雨宮凛という男が現れる。その言葉通り、静と凛は髪形こそ違うものの、それ以外は見分けがつかないほどそっくりだった。しかし、この男が何を目的に今になって静の前に現れたのか、あまりにも謎が多すぎた。ただ、その瞳に宿す暗い光はやがて未曾有の惨事を引き起こし、兄弟で血で血を洗う骨肉の争いを招くことになる。


[1]YASHA-夜叉-トップページ
[2]YASHA-夜叉-プロフィール
[3]YASHA-夜叉-画像
[4]YASHA-夜叉-動画
[5]YASHA-夜叉-作品
[6]YASHA-夜叉-ブログ

オススメ漫画・アニメ
や行の漫画・アニメ
漫画・アニメ50音検索


カテゴリ検索
話題の人物
人物名50音検索

YASHA-夜叉-サイトマップ

YASHA-夜叉-トップページ